ごあいさつ

創業20年を機に掲げる新たなビジョン
「再生可能エネルギーをコアに 電力新時代の先駆者になる」

代表取締役社長 本名 均

創業20年を機に掲げる新たなビジョン
「再生可能エネルギーをコアに 電力新時代の先駆者になる」

イーレックスは、2019年12月に創業20周年を迎えました。この記念すべき20年という節目の年を迎えることができましたのは、多くの関係の皆様の多大なるご支援とご指導、そしてお力添えのお蔭と心より感謝いたしております。

電力業界にとって、2020年は大きな節目の年となります。世界では、気候変動に関する2020年以降の枠組みであるパリ協定が実施されます。日本国内においても、2018年に発表された「第5次エネルギー基本計画」において、2030年までに、再生可能エネルギーを主力電源化し、総発電量の22~24%を再生可能エネルギーで賄うことが明記される等、国内外で低炭素に向けた動きは一層加速しております。

このような環境の中で、イーレックスは、日本の低炭素社会の実現に貢献すべく、『共創』の理念のもと、東京電力エナジーパートナーとの共同出資会社「エバーグリーン・マーケティング」を設立いたしました。全国の特別高圧・高圧のお客さま向けに再生可能エネルギー由来のCO2フリー電気を始めとした様々なプランをご提供しております。

また、バイオマス発電事業は、土佐(高知県)、佐伯(大分県)発電所に加え、豊前(福岡県)、大船渡(岩手県)発電所が2020年1月に運転を開始いたしました。うるま市(沖縄県)のプロジェクトは、順調に建設工事を進めております。さらには、FITに依存しない大型バイオマス発電所を計画しており、バイオマス発電におけるリーディングカンパニーを目指してまいります。

燃料事業は、バイオマス発電燃料の長期安定確保を目的として、シンガポールに現地法人を設立し、自社発電所への安定供給とともに、バイオマス燃料の外部販売についても積極的に展開してまいります。

イーレックスは、2020年に「再生可能エネルギーをコアに 電力新時代の先駆者になる」を新たなビジョンに掲げました。再生可能エネルギーのリーディングカンパニーとして、持続可能な社会の実現のために、幅広いステークホルダーの皆様とともに邁進してまいります。今後も何卒変わらぬご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
本名 均